Top > 贈り物のマナー > お祝いとお見舞いのマナー

お祝いとお見舞いのマナー

お祝いやお見舞いは必ず必要と言うわけではありませんが

気持ちを表す事で仕事が円滑に進む事もあります。


会社で多いのが結婚祝いや出産祝い、

入院中のお見舞いなどがよくあります。


現金を贈る場合と品物を贈る場合がありますが、

お祝いやお見舞いの品は、とてもデリケートなので

場違いな贈り物などをしないように気をつけておきましょう。


< 現金を贈る場合 >


●金額


1ー3万程度が妥当です。

現金を袋に入れて贈ります。


●何回あってもいいお祝い


蝶結びのついた袋を選びます。


●結婚など一度だけのお祝


結び切りのついた袋を選びます。


●お見舞い


シンプルな白封筒を選びます。


< 品物 >


●結婚祝


調理器具・寝具・タオルなど生活用品が無難です。


はさみやナイフなど

「切れる」「割れる」品物は絶対にダメです。


●出産祝い


ベビー服やオムツなど赤ちゃんに使える物が喜ばれます。


●お見舞い


フルーツなどが無難です。


花などはオススメしません。


花言葉なに深い意味があったり、

縁起でもない花もありますので選ぶには難しいです。


お祝いやお見舞いなどの品物は、本人に直接聞いて

ほしい物をあげるという手段もあります(^‐^)ノ

贈り物のマナー

お歳暮やお祝いなどのマナーを紹介します。

仕事以外のプライベートでも使えますので
知っていて損はしないと思います!

ぜひ、覚えておきましょう(^‐^)ノ

このカテゴリ内の記事

お中元とお歳暮のマナー
お祝いとお見舞いのマナー


社会人とは?
社会人の基本マナー
仕事をする時のマナー
オフィスでのトラブル
ビジネス会話のマナー
電話のマナー
接客・訪問時のマナー
社内行事でのマナー
出張や接待のマナー
贈り物のマナー
デキル社会人なろう





Yahoo!ブックマークに登録