Top > 電話のマナー > 電話をかける時

電話をかける時

電話は顔が見えないので

声だけで、あなたや会社の印象が

伝わってしまいます。


普段以上に丁寧な対応を

心がけるようにしておきましょう。


< 電話をかける時のマナー >


●タイミング


忙しい時間帯にかける電話ほど迷惑なものはありません。

相手の業種によって、かける時間帯を考えましょう。


●名乗りとあいさつ


電話はかけた側から先に名乗り、

一言あいさつをするのがマナーです。


●内容の確認


電話ですべき内容なのか確認して、

かけるようにします。


複雑な内容を説明しないといけない場合は

電話では不向きですよね。


事前に内容を確認しましょう。


●かけ直す


相手が不在だった場合は、戻り時間を聞いて

コチラからかけなおしましょう。


手元にペンやメモ紙を置いておくと

聞いた事など忘れません。


電話で話しながらメモを取っていく習慣を

身に付けると、何かあった時など

先輩社員や上司にも伝えやすいですよね(^‐^)


電話は見えないからといって、ほおづえや

何かをしながら電話をかけると声色で自然と

相手に伝わってしまうほか大変失礼になります。


電話でも姿勢を正して

謙虚な態度を心がけるようにしましょうね。

電話のマナー

新入社員の頃は電話対応をする事が多いです。

電話の対応で会社のイメージが
悪くなったり良くなったりしますので
電話のマナーを知っておきましょう。

このカテゴリ内の記事

電話をかける時
電話を受ける時
会社の携帯電話


社会人とは?
社会人の基本マナー
仕事をする時のマナー
オフィスでのトラブル
ビジネス会話のマナー
電話のマナー
接客・訪問時のマナー
社内行事でのマナー
出張や接待のマナー
贈り物のマナー
デキル社会人なろう





Yahoo!ブックマークに登録