Top > 仕事をする時のマナー > 報告のコツ

報告のコツ

仕事をする時は必ず

『報告』をする事がマナーです。


新入社員の時は何から、どの様にに

報告していいか分からないですよね。


例えば、いい報告と悪い報告では

どちらを先に言う方がいいのでしょう。


実は、先に悪い報告から言うのがマナーです。


逆に、いい報告を先に言ってしまうと

先輩社員や上司をぬか喜びさせてしまう事になります。


後から言われた事の方が印象に残りやすいので

先に悪い報告をしてから、いい報告をするようにすると

イメージもそんなに悪く思われません。


【報告する時のコツ】


●聞かれる前に話す


先輩社員や上司に状況を聞かれる前に、

あなたから先に報告するように心がけるましょう。


●結果から話す


先輩社員や上司にも仕事があります。


回りくどく話していると肝心な事が伝えられず

イライラさせる事になるので手短に話ましょう。


●中間報告は必ず


同僚や先輩社員・上司は現在の経過も知りたいものです。


【悪い報告をする時のコツ】


【早めに】   【正直に】   【正確に】


ミスをしてしまった時など

非常に言いづらいですよね。


早く言わなければいけなと思いつつ、

なかなか勇気がでないものです・・・


時間が経てば経つほど、

よけいに言いづらくなるので

早めに言うようにしましょう。


また時間が経って先輩社員や上司に見つかると

「何で早く言わないのか!」と、

さらに怒られてしまいます。


そして嘘をつかないように正直に正確に報告します。


報告は怠らないようにしましょう(^‐^)ノ

仕事をする時のマナー

初めて仕事をする時は緊張しますよね・・・。

緊張のあまり色々なミスをしてしまったりで
最初はうまくいかないものです。

では、うまくいくようにするには
どのようにしたらいいのでしょう?

いくつかマナーがありますので参考にして下さい。

このカテゴリ内の記事

どんな仕事でも『仕事』 
仕事を効率よく進める方法
報告のコツ
連絡のコツ
ホウ・レン・ソウの実行
相談のコツ
電子メールのマナー
FAXのマナー


社会人とは?
社会人の基本マナー
仕事をする時のマナー
オフィスでのトラブル
ビジネス会話のマナー
電話のマナー
接客・訪問時のマナー
社内行事でのマナー
出張や接待のマナー
贈り物のマナー
デキル社会人なろう





Yahoo!ブックマークに登録