Top > 仕事をする時のマナー > 連絡のコツ

連絡のコツ

同僚や先輩社員・上司など色々な人に連絡をしますが

内容によっては1人に伝える場合と

複数の人に伝える場合があります。


どちらの場合も連絡する時のコツは同じです。


【連絡する時のコツ】


●情報を変えない


伝えられた情報や、あなたが知った情報は

なるべくそのまま連絡するようにしましょう。


自分の解釈や意見を加えると

情報内容が変わってしまいます。


●理解した上で伝える


右から左へ情報を流すだけでは

相手に伝わりません。


あなたが理解してから伝えるようにすると

相手にも伝わりやすくなります。


●情報を共有する


特に少人数で仕事を進めている場合、

新情報など連絡はコマメに伝える事がマナーです。


連絡ツールも色々あります。


《連絡ツール》


●口答や電話


複雑でない内容であれば、すぐに伝えられる。


逆に複雑な内容だった場合

正確に伝わらない可能性も大。


●メール


一度に送る事ができ正確に伝わりやすい。


メールで連絡する場合

「内容をメールで送りました」など伝えなければ不確実です。


●FAX


他の部署や社外の人への連絡には便利。

逆に機密事項などには不向き。


●文書


紙面で確認しやすいですが

1人が止めると他の社員に伝わらない。


内容によって使い分ける事も

仕事をする上でのマナーです(^‐^)

仕事をする時のマナー

初めて仕事をする時は緊張しますよね・・・。

緊張のあまり色々なミスをしてしまったりで
最初はうまくいかないものです。

では、うまくいくようにするには
どのようにしたらいいのでしょう?

いくつかマナーがありますので参考にして下さい。

このカテゴリ内の記事

どんな仕事でも『仕事』 
仕事を効率よく進める方法
報告のコツ
連絡のコツ
ホウ・レン・ソウの実行
相談のコツ
電子メールのマナー
FAXのマナー


社会人とは?
社会人の基本マナー
仕事をする時のマナー
オフィスでのトラブル
ビジネス会話のマナー
電話のマナー
接客・訪問時のマナー
社内行事でのマナー
出張や接待のマナー
贈り物のマナー
デキル社会人なろう





Yahoo!ブックマークに登録