Top > 接客・訪問時のマナー > お茶の入れ方と出し方

お茶の入れ方と出し方

<日本茶の基本的な入れ方>


「1人分」


番茶・ほうじ茶・玄米茶は約3gほど入れて

沸騰させて入れるのが適温です。


煎茶は約2gほど入れて

70ー80℃が適温です。


1、 人数分の湯のみを用意して、

  まず8分目までお湯を注ぎ温めておきます。


  この時に湯のみの破損がないか確認しておきましょう。


2、 湯のみのお湯が適温になったら

  茶葉を入れた急須に移し1分ほど待ちます。


3、 濃さが均一になるようにお茶を少しずつ注いでいきます。

  お茶の量は8分目程度が丁度いいです。


<お茶の出し方>


1、 お盆を使って運びます。

  茶たくと湯のみは別々に置き、

  ふきんも一緒に運びましょう。


2、 お茶のお盆をサイドテーブルに置き

  湯のみと茶たくをのせ両手で運びます。


  来客者の中でも上座にいる人から順番に出していきます。


3、 「どうぞ」と一言添えて来客者の右側から出します。

  (無理であれば「正面から失礼します」と言って出すようにします。)


  この時、湯のみの絵柄が来客者の正面になるように出しましょう。


もし、来客者の前で、お茶をこぼしてしまった場合は慌てずに、

ふきんを手に持ち、洋服など汚していないか確認して、

丁寧に謝り、すぐにお茶を入れ直しましょう(^‐^)

接客・訪問時のマナー

接客や訪問をする時は、
きちんとした態度を取る事が
社会人としてのマナーです。

社会人になると、たくさんの人との出会いがあります。
ぜひ、マナーは身につけておきましょう。

このカテゴリ内の記事

あいさつ
自己紹介の仕方
名刺交換の仕方
人物紹介の仕方
接客のマナー
見送り方
お茶の入れ方と出し方
案内の仕方
訪問する時のマナー  
会社への訪問
個人宅への訪問


社会人とは?
社会人の基本マナー
仕事をする時のマナー
オフィスでのトラブル
ビジネス会話のマナー
電話のマナー
接客・訪問時のマナー
社内行事でのマナー
出張や接待のマナー
贈り物のマナー
デキル社会人なろう





Yahoo!ブックマークに登録